So-net無料ブログ作成
検索選択

頚椎症性神経根症 脊髄症 変形性頚椎症を手術なしで改善  頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善 柔道整復師 徳永英光 [頚椎症性神経根症 脊髄症 変形性頚椎症の根治治療]

頚椎症性神経根症 脊髄症 変形性頚椎症を手術をしない根治治療 徳永接骨院
頚椎ヘルニア・頚椎症・ストレートネックを原因から改善 柔道整復師 名医 徳永英光
柔道整復.jpg
>>>詳細を先にみる


●頚椎症性脊髄症について

脊髄症と診断されたら慎重な対応が必要になります。

病院などでは頚部の安静を保ち傷害の悪化を避けるためにカラーやブレース(装具)を使用します。
 万一転んだり頭を打ったりすると一気にマヒがでる恐れがあります。

「とくに四肢のマヒ傾向や痙性から転びやすくなっていますので、注意が必要です。」
 
入院安静として、頚椎持続牽引も行われます。症状によってはトイレベッドの上で、という厳重な安静となります。
脊髄の腫れやムクミをとる目的でステロイドホルモン剤を内服したり点滴する場合があります。


●手術について

症状に改善がみられない場合には手術を検討する場合もあります。

圧迫が原因ですから、トンネルを拡大する除圧手術です。
頭を支える頚椎の強度を低下させないための工夫をします。

頚椎の不安定性がある場合や、椎間板の問題の場合には当該部位の椎間板を切除して橋渡しの骨を移植して頚椎同士を癒合させる固定術も併用されます。
若干頚椎の動きが制限されますが「やむを得ない」と言うのが手術の現状です。

マヒの改善傾向があっても一定のシビレが残ったり、
脊髄障害の後遺症として痙性(ギクシャクする)などの所見が残る場合もあります。

いずれにしても頸椎の手術には大変なリスクが伴う事を理解して下さい。
ですが、病状によりそのリスクがやむを得ない場合もあるでしょう。

しかし、知っておいて頂きたい事があります。

頚椎治療の専門家、柔道整復師の名医 徳永英光は根本的な原因に対する施術を行い
外科で手術を勧められた人々も症状を改善し、延べ9万人以上を救って来ました。

きっとあなたの役に立つ情報が見つかると思います。


>>>手術をしないで頚椎症を改善する

>>>詳細はこちらから










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。